矯正治療のメカニズム

ホームへ戻る > 矯正治療のメカニズム

8020運動とは?
治療の得意な歯医者
完全予約制の歯科で予約
白い歯の輝き
定期的な歯の検診

「歯を動かす」などというと、無理やりに動かして歯並びを整えるというような間違ったイメージをもたれている方もいるようですが、全然そんな治療ではありません。私たちの歯は、歯槽骨の中に、歯根膜に包まれて生えています。この歯槽骨や歯根膜は細胞の新陳代謝を繰り返しながら、乳歯から永久歯に新しく生まれ変わります。歯槽骨も歯根膜も歯自身も、またその周囲の血管や神経もみな生きています。歯はこのような組織、環境の中で生きています。そして、歯槽骨に生えている歯は、矯正装置を使い、動かしたい方向に弱い力を加えると少しずつ動いていきます。歯が歯槽骨の中で動くのはごく自然なメカニズムなのです。矯正歯科治療は、このメカニズムを利用します。歯は弱い力をかけると動きます。歯の上部だけではなく、根も動くのです。つまり、矯正装置を使い、動かしたい歯を少しずつ動かしたい方向に移動させていき、良い噛み合せときれいな歯並びを作る技術、これが矯正歯科治療なのです。歯が動くスピードは通常、一ヶ月に一ミリほどと考えられています。

そのために、時間がかかります。けれども、矯正治療により、きちんと移動することができ、噛み合わせを良くすることで、美しさと同時に、正しく噛む、正しく飲み込む、正しく発音するなどの、人としての本来の機能が十分に発揮できるようになるのです。矯正歯科は、東京メトロ日比谷線日比谷駅より徒歩2分と、都営三田線日比谷駅近くにあります。